サイトマップ

大人の恋愛マニュアルサイト

大切にしたいという気持ち

友人や知人を介して紹介してもらったり、そのためのイベントに参加したりする人の多くは、「出会いの機会が欲しい」と願ってそうしていることでしょう。
ですが、そうして得た機会や恋人なのに、なぜか上手く進展しない、長続きしないという人も中にはいるのではないでしょうか。
成功しない人は、自分本位で交際を進めたり、自分の理想を相手に求めしまっているからかもしれません。

出会いの場で大切なことは、何かを分かち合いたいと思える相手を見つけることができるかであり、見栄えの良い相手を見つけることができるかや、自分の話しをどれだけ聞いてくれるかといった「自分本位の感覚」を優先してはいけません。
もちろん、第一印象を参考にして交際相手を選ぶことは間違いではありませんが、恋愛はひとりでするものではないことから、相手と共に何ができるか、相手に対して何ができそうかを判断の基準にすることはとても大切なことなのです。

特に、関係が軌道に乗るまでは、どれだけ相手のことを思い遣ることができるか、労わりたいと思えるかが大切になってきます。
それは、相手に好ましく思ってもらうためでもありますし、人は「大切にされていること」を感じられると、そうしてくれる相手に対して好感を抱くようになるからでもあります。
つまり、より良い関係を築くには、相手にそれを実感してもらうことが大切だということなのです。

出会って間もなくは、誰もがこの先の関係について希望と不安とを抱えているものです。
その「不安」をどれだけ減らしてゆけるかが、交際を長く続けてゆくためのカギであり、より深い関係になれるかのポイントでもあります。

もちろん、「恋人」を得るためにそう振る舞うのではなく、自主的にそう思い行動することが重要ですし、そう思える相手を選ぶことが大切です。
「大切にしたい」という気持ちは相手にとても伝わりやすく、それこそが交際が上手くゆくかどうかの決め手になっていると言っても過言ではないのです。

pagetop