サイトマップ

大人の恋愛マニュアルサイト

より良い関係のため

人間関係の始まりにおいてもっとも大切なことは、「知りたい」という興味を相手に対して抱くことができるかどうかということです。
そうした興味を抱くことができない相手とは、その先の関係を築いてゆくのは難しいと言われています。
それは、交際を始めるきっかけとなる、出会いの場においても同じことが言えます。
可愛いやカッコイイといった外見から受ける第一印象が良い相手よりも、「知りたい」という衝動が湧いた相手とは関係が築きやすく、交際も長続きする傾向にあるのです。

出会いの際に、少しでも多く相手に関する情報を得たいという気持ちが働くのは、「知りたい」と思うことが全ての人間関係の根本だと無意識のうちに理解しているからであり、そうした興味を持ち得た相手とは「上手くゆく」ということを経験上理解しているからでもあるのです。
そして、大抵の場合、そうした興味を抱いた相手とは相性も良く、スムーズに関係を築いてゆくことができるようです。

相性が良く、互いのことを知りたいという意思が働いている関係であっても、より絆を深めてゆくためには、一層の努力が必要です。
絆やより良い関係というものは、互いに気遣う心を持つことや、労わり合うことで育ってゆくものなのですが、そうできるようになるためには、やはり互いについてよく知ること、理解することが重要なのです。

恋愛関係においてだけでなく、全ての人間関係において、「知りたい」と思うということは、そう思う相手のことが「好き」ということなのです。
ですから、理解を深めたいということは、より好きになりたいということであり、この先、長く交際を続けてゆくためにもとても大切な感情だということができるでしょう。

出会って間もなくは、まだ関係は安定しておらず、だからこそ互いについて知り、些細なことでは壊れない、安定した関係を築こうと人は努力するものなのです。
その努力をどれだけ長く続けられるかで、二人の将来の形が変わってくると言うこともできるかもしれません。

pagetop