サイトマップ

大人の恋愛マニュアルサイト

早い遅いは関係ない

交際期間が長くなってくると、互いのことを更に詳しく知りたい、一緒にいるためではなく生活をするための絆を深めてゆきたいと考えるようになるものです。
二人の関係が恋愛であるうちは、仲良くなりたい、ケンカはしたくないなど、長く一緒にいるための方法を探しながら交際を続けてゆくものですが、出会いから時間が経つにつれ、同じ「一緒にいるため」であっても、ひとつステップを上がった「一緒に暮らすため」を意識するようになってくるものなのです。

最初は「同棲から」と考える人もいるかもしれませんが、それはその先のステップのための「予行演習」であり、そこが目的の最終地点ではありません。
ですが、同棲の段階で、将来についてのある程度の判断ができることは確かです。

なぜなら、その先のステップである「結婚」は、容易く切ることの出来ない絆であり関係ですから、そこへと進むためには、さまざまな心の準備と、関係を築いておく必要があり、そうすることができるかどうかを見極めるには同棲は良い機会だということができるからです。

せっかく、出会いから交際へと順調に進むことができたのだから、結婚まで進みたいと考える人は多いでしょうし、実際そこまで進むことができる関係を築くことができたとしたらそれは素晴らしいことでもあります。

交際を進めてゆくうちに、「もしかしたらこの人と」と考えるようになり、自分なりに心の準備を始める人もいることでしょう。
ですが、結婚は二人の意思が同じ方を向き、互いの気持ちが熟さなければ上手く踏み出すことはできません。
つまり、互いに機が熟したと感じることができるようになると、人は自然とプロポーズを考えるようになるものなのです。

その「機が熟す」時期は、カップルによってさまざまで、世間からすれば早過ぎると感じることもあれば、まだそうした考えには至らないのかと心配される人たちもいるかもしれません。
ですが、それは当事者である二人以外には分からないことですし、そうした周りからの意見は参考にする程度に留め、振り回されたり、それに従ったりするものではないということを心に留めておくことが大切です。

プロポーズをしようと考えた時が、そうできる準備が整った時であり、不安を感じたり、戸惑うことがあるのであれば、それはまだ二人の意思が同じベクトルになっていないということでもあるので、互いの関係をしっかり見つめ、自分に「いつがそうするべき時か」を問いながら、その時期を見極めることが大切なのです。

pagetop